今ドキッ!☆ちゃんねる

今ドキッ!☆ちゃんねるは,芸能人の噂や世間で話題の事件など、今が旬のドキッ!とするニュースやネタをまとめています!

    カテゴリ: ニュース・時事



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    怖いですね

    1 potato ★ :2020/08/16(日) 18:06:05.09

    メタノールを飲んで約800人が死亡、ウシの尿や糞が効くという偽情報も

    噂は、新型コロナウイルス感染症の疾病や感染、死亡率にまつわるもの、予防策や治療法に関するものが多くみられた。予防策として「高濃度アルコールの摂取がウイルスの消毒になる」という偽情報がイランなど世界各地で広まり、新型コロナウイルス感染症の治療に効果があると信じてメタノールを飲んだ人のうち、5900人が入院、約800人が死亡し、60名が失明した。

    インドではSNS経由の偽情報で多くの人々がウシの尿を飲んだり、糞を食べたりした。また、サウジアラビアではラクダの尿が治療に効くとする偽情報も出回った。他にも、ニンニクを食べる、暖かい靴下を履く、胸にガチョウの脂肪をまき散らすと予防に効果的などの噂が流布していた。

    「深く息を吸って10秒我慢し、咳が出たり、息切れするといった不快な症状がなければ、新型コロナウイルスへの感染の可能性は低い」など、不確かな情報源に基づく自己診断法なども広く拡散された。

    2020年8月14日(金)18時15分
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/08/post-94177.php


    【コロナの治療にメタノールを飲んだ5900人が入院、約800人が死亡、60人が失明 】の続きを読む



    (出典 3.bp.blogspot.com)


    厳しい意見が多いですね

    1 ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] :2020/08/17(月) 06:08:41.33


    橋本岳厚生労働副大臣は16日、沖縄県の県庁で玉城デニー知事と面談し、新型コロナウイルス感染症の影響で県内の医療従事者が不足していることから、県外から看護師と保健師を派遣することを表明した。
    人員について玉城知事は「医療機関と調整した想定ではまずは看護師が50人は必要」との考えを示した。
    また、感染拡大が県の見通しを上回り、クラスター(感染者集団)が増加した場合には患者を県外に搬送する想定も明らかにした。

    橋本副大臣との面談は冒頭のみ公開。終了後、橋本副大臣は派遣する医療従事者の具体的な人数について「現場のニーズを把握するため、これから県内の医療機関を視察する。数十人から100人規模も想定される」と答えた。

    玉城知事は「すでに医療機関などでは集団感染が発生している。早期に支援を受けないといけない」と危機感を強めた。

    感染拡大に加えて台風などの不測の事態が重なったケースへの対応について、玉城知事は「重症患者への医療提供能力がオーバーフローすることも踏まえ、自衛隊への協力を得て県外搬送を想定している」と述べた。

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/617565

    (出典 www.okinawatimes.co.jp)


    【沖縄の玉城デニー知事、コロナ患者の県外搬送を検討】の続きを読む



    (出典 www.kaigo-kyuujin.com)


    怖いですね

    1 ばーど ★ :2020/08/16(日) 18:11:27.41

    大阪府は16日、147人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

    2020/8/16 18:02 (JST)
    https://this.kiji.is/667655109023728737?c=39550187727945729


    【大阪府、新たに147人感染 】の続きを読む



    (出典 japan.cnet.com)


    色々な意見がありますね

    1 Toy Soldiers ★ :2020/08/16(日) 12:36:25.79

     中国共産党系の環球時報(電子版)は8日、中国の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の禁止は二国間関係に大きな影響を与えることになると中国が日本に警告していたことが分かったと報じた。

    環球時報によると、ロイター通信は7日付の記事で、「日本のTBSが7日、日本政府関係者の話として伝えたところによると、TikTokの禁止は二国間関係に大きな影響を与えることになると中国が日本に警告した」と伝えた。

    ロイター通信は、日本の与党・自民党の議員連盟が、TikTokについて、利用者の個人情報が中国政府に渡るおそれがあるとして、規制に向けた法整備を政府に求める方針であることを紹介した上で、「日本の外務省からのコメントは得られていない。日本政府もTikTokの禁止を検討していると明言していない」と伝えている。

    環球時報は、こうしたロイター通信の報道を取り上げた上で、「トランプ米大統領がTikTokについて、利用者の個人情報の流出を理由に使用禁止を表明すると、日本の埼玉県、神戸市、大阪府は相次いで、TikTokの使用やアカウント更新を停止すると発表した」と伝えている。

    https://news.nifty.com/article/world/china/12181-826426/

    ★1:2020/08/16(日) 09:54:56.10
    ※前スレ
    【よほど】中国、日本に警告「TikTok禁止は日中関係に大きな影響与える」★4  [Toy Soldiers★]
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1597546115/


    【中国、日本のTikTok禁止に警告】の続きを読む



    (出典 jbpress.ismcdn.jp)


    心配ですね

    1 potato ★ :2020/08/16(日) 01:53:01.23

     案の定、8月に入ってから全国の新型コロナウイルス患者の死者数が急増している。7月の死者数は39人だったのに、今月は13日までの2週間足らずで、すでに64人。先月に比べ2倍近い患者が亡くなっているのだ。13日に確認された死者数は11人に上り、5月28日以来、2カ月半ぶりに2ケタを突破してしまった。先月以降の感染爆発のせいで重症者も増加、医師の間では「9月が怖い」との声が上がっている。

     14日確認された全国の感染者数は1300人超。全国で1日1000人超の感染者が確認されることも珍しくなく、重症者も急増している。

     さすがに西村コロナ担当相も14日、「重症者は10日ほど前は100人前後だったが、211人(13日時点)まで来ている」「急速に増える(可能性がある)ことを考えて対応しなければならない」と危機感をあらわにしたが、その一方で安倍政権は「経済活動との両立」をゴリ押しして、死者・重症者が少ないとの理由から「直ちに緊急事態宣言を出す状況にない」の一点張り。言っていることと、やっていることがチグハグもいいところだ。

     13日時点の重症者数は、緊急事態宣言を全国に拡大した直後の4月17日(211人)に匹敵している。ヤバイのは、この先、死者が急増する恐れがあることだ。感染者は1週間~10日で重症化し、最悪のケースでは死につながる。しかも、お盆に入って人が移動している。9月以降、全国で死者・重症者が急増する可能性が高い。

     医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏がこう言う。

    「近いうちに再び院内感染が起き、感染者や重症者が増えると考えています。まずは医療従事者の検査を徹底すべきですが、それができない。日本は他国と比べて検査能力が劣っている上、政府の分科会は無症状者を検査することに否定的ですからね。医療従事者の中に無症状者がいたら、高齢者の感染リスクが高まります。重症者が多くなればなるほど、医療体制は逼迫してしまいます」

     最悪なのは、検査体制や医療体制が整わないうちに、重症者が増えかねない9月を迎えることだ。本来なら、緊急事態宣言が解除され、コロナ禍拡大が落ち着いた時に急ピッチで体制を整備すべきだったのに、安倍政権は「Go To トラベル」を強行したのだからムチャクチャだ。

     しかも、安倍首相は国会閉会以後、「臨時国会を開かない」「閉会中審査に出ない」「記者会見しない」――の「3ない」作戦を継続中だ。国内だけでなく国外メディアからも、「強いリーダーシップが求められている時に“職務放棄”」(米紙ワシントン・ポスト)、「世界のモデルと誇っていたのに、感染拡大のさなかにほとんど沈黙している」(英紙ガーディアン)などと呆れられる始末である。

     無能な政権に、国民はもっと怒っていい。

    公開:20/08/15 14:50
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/277359
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1597506949/


    【新型コロナ、死者・重症者が8月急増】の続きを読む

    このページのトップヘ