今ドキッ!☆ちゃんねる

今ドキッ!☆ちゃんねるは,芸能人の噂や世間で話題の事件など、今が旬のドキッ!とするニュースやネタをまとめています!

    カテゴリ: 芸能・TV・エンタメ



    (出典 i.ytimg.com)


    素敵ですね!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/05(Thu) 18:43:35 ID:eZGbizyH9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    モデルのKoki,(コウキ、16)が4日、インスタグラムを更新。伊勢丹新宿店で開催しているCOACHのポップアップショップを訪れた様子を公開した。

    インスタグラムにはCOACHのバッグを手にポーズをとった写真を公開。エレガントな雰囲気が伝わる、この投稿には7万を超える「いいね」がついた。

    Koki,は昨年5月「エル・ジャポン」の表紙でモデルデビュー。今春フランスのモデルエージェントと契約した。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17483329/
    2019年12月5日 18時11分 スポニチアネックス


    【【衝撃】Koki,“高級ブランド店”でのエレガントショット『いいね』が殺到!】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    人間関係大変そうですね・・・

    1 ひかり ★ :2019/12/07(土) 18:58:51.33 ID:4eO52/1y9.net

     お笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニア(45)が7日放送の関西テレビ「おかべろ」(午後2・27~)に出演。ナインティナイン・岡村隆史(49)と約30年間共演NGとなっていた理由を語った。

     2人はジュニアが吉本総合芸能学院(NSC)8期、岡村が9期と、ほぼ同じながら、「会うの3回目くらい、仕事も2回目くらい」(ジュニア)だという。この日から2代目店長に就任した「NON STYLE」
    石田明(39)から「共演NGですよね?」と聞かれた岡村は「NGちゃうよ。NGじゃないけど、オレがずっとびびってんねん」と明かした。

     デビュー当時、ジュニアは“ジャックナイフ”と呼ばれており、映像を見た岡村も「見てて怖くなってくる。劇場に来るときもサングラスかけてマフィアみたいに…」と回想したが、“共演NG”となった発端は
    芸人たちがよく集まるレゲエのクラブでの出来事だった。2階にいた岡村が、1階のフロアでぶち切れるジュニアを目撃。「こんな人あかん、かかわったらあかん、と思った」と明かした。だが、ジュニアは
    「それは2階から見た映像」とし、実際はジュニアと共に来店していたメッセンジャー・黒田有(49)が、フロアにいた女性から「何かおもろいことやって」と言われ尻を見せたものの「全然面白くない」と
    言われてキレ、その女性の連れの男性ともみ合いになったのを止めようとしたと説明。「全部黒田が悪い」と説明した。

     だが、それを知らない岡村はその“事件”後ラジオで「ジュニアさん怖い人ってのがあるから、『ジュニアさん、あかんわ…』」と言ってしまったと告白。それを聞いたリスナーが、今度はジュニアのラジオ番組に
    その内容を投稿。「ジュニアさんがぼそっと『しばいたる』と言わはった」。それから、本当に会うとしばかれると思い、逃げ続けたと明かした。これに関しては岡村は「ほんまオレが悪い」と謝罪していた。

     その後も、ジュニアが岡村と一緒にいた「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)にあいさつした時に、岡村が深々をお辞儀していたのを泥酔していたため気が付かず「オマエ、おかしないか?」と言うなど誤解が
    誤解を呼んで、この日に至ったと語った。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00000216-spnannex-ent


    【【衝撃】岡村隆史、千原ジュニアと“共演NG”のワケwwwwwwwwwww】の続きを読む



    (出典 haru-journal.com)


    凄い内容ですね・・

    1 牛丼 ★ :2019/12/06(金) 20:01:27.23 ID:GCRgb3gw9.net

    9月末でジャニーズ事務所を退所した錦戸亮(35)が6日、ツイッターで、14年2月に同事務所を退所した赤西仁(35)と共同プロジェクトを進行していく契約を結んだと発表した。

    ツイッターにアップされた契約合意書にはグループ名「NA」が記された。その上で契約期間中に音楽制作、コンサート、テレビ、ラジオ、ビデオ、映画、写真集、コマーシャル、広告宣伝、舞台、イベント活動などその他一切の出演業務を、双方合意のもと行っていくことや、派生した権利は均等に保有するなどの条項に加え

    「陰口3回バレたら契約解除出来る」

    「週刊誌に撮られたら10万円の罰金。ただし2回目以降は倍の額とする」

    「どんなに辛いことがあってもなるべく芸能界にこびを売らない」

    「見ず知らずの女性にうつつを抜かし、軽率に付いていくような行動はなるべく慎むこととする」

    「近年における日本の芸能界の悪しき習慣や、理解に苦しむ忖度(そんたく)を受けたとしても決して諦めず進み続ける」

    などの条項も書かれた。

    錦戸は「ある契約を交わしました。面白そうな事なんでもやってみます。まずは彼と。」、赤西も「こんな契約を交わしてみました。Check This Out!! The Men In The Arena」とつづった。 

    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201912060000896_m.html?mode=all


    【【衝撃】錦戸亮と赤西仁、共同契約の内容がヤバいwwwwwwwwww】の続きを読む



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    色々な意見がありますね…

    1 muffin ★ :2019/12/07(土) 13:00:50 ID:YpUoGv8g9.net

    https://www.sanspo.com/geino/news/20191207/geo19120712070010-n1.html
    2019.12.7

    歌手で女優、小柳ルミ子(67)が6日、自身のブログを更新。合成麻薬MDMAを所持したとして麻薬取締法違反の罪で逮捕された沢尻エリカ被告(33)にメッセージを送った。

    小柳は沢尻被告が勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈されたことに言及。報道陣の前に姿を見せなかったことに、「正面から堂々と出て来て、心の底からの謝罪の言葉を聞きたかった」と記した。

    「憔悴し切っているのだろう。カメラが怖いのだろう。世間に顔向け出来ないのだろう」と心情を汲み取りながらも、「だが、彼女の無責任な行いで、一体どれだけ多くの人達が大迷惑を被っているか、考えた事ありますか?大河のスタッフ、キャストの皆さんの怒り、苦しみを思うと、可哀想で可哀想で胸が張り裂けそうです。どれだけ辛くても、自分が引き起こした事。本当に反省の気持ちがあるのならば、カメラの前で示して欲しかった」と感想をつづった。

    さらに次の投稿では「謝罪 お礼 感謝の意は1分でも1秒でも早い方が良い」とし、「エリカちゃんピンチの時こそ チャンスだよ!薬の力を借りなくたって真面目に頑張ってれば楽しい事は沢山あるまだまだ若いのだからやり直すチャンスは幾らでもある貴女の本当の力が試されるのはこれからですよ」とエールを送った。


    【小柳ルミ子、沢尻被告へエール!「ピンチの時こそチャンスだよ!」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    厳しい声が多いですね・・・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/03(火) 21:49:16 ID:nJDUaMKr9.net

    受賞資格が限られているとはいえ、さすがに無理がある?

    元AKB48でタレントの板野友美が11月28日、都内で行われた「WEIBO Account Festival in Japan 2019」に出席。中国最大のソーシャルメディア「WEIBO」(微博、ウェイボー)で活躍し、中国で大きな影響力を持つ日本の著名人らを表彰する同イベントで「グッドシンガー賞」を受賞したのだが、世間からは疑問の声が上がっている。

    日本開催2度目となる今回は、板野のほかに「人気俳優賞」を竹内涼真、「人気アイドルグループ賞」を乃木坂46(松村沙友理、新内眞衣)、「躍進俳優賞」を志尊淳、「注目俳優賞」を千葉雄大、「話題女優賞」を西野七瀬、「マルチアーティスト賞」を斎藤工が受賞。板野と同じ元AKBの小嶋陽菜は「ファッションタレント賞」に輝いている。

    ウェイボーと関わりのある著名人が対象とはいえ、どの受賞者もある程度は納得のいく顔ぶれだ。しかし板野の「グッドシンガー賞」については首を傾げる向きが多く《歌番組とかで見かけたことないんですけど》《板野の歌、1曲も知らない》《どんな選考基準なんだろう》《今年歌番組に出てるシンガーならみんなもらえそう》といった、イタいツッコミが殺到しているのだ。

    「AKB卒業後はソロアーティストとして活動し、2月には約1年ぶりのシングルとなる11thシングル『すき。ということ』をリリース。しかし、そのセールスは最高週間順位が27位で、楽曲をリリースしていたこと自体知らない人が多いようです。そこでいきない『グッドシンガー賞』なのですから驚かれて当然。板野がこの賞を受賞したことで、このアワードの権威自体に疑問をもちたくなるのも無理はありません」(エンタメ誌ライター)

    「シンガー」ではない他の賞を授けた方が波風が立たなかったのでは?

    http://dailynewsonline.jp/article/2101675/
    2019.12.03 10:00 Asagei Biz


    【【悲報】板野友美、「グッドシンガー賞」受賞するも厳しい声の嵐・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ