今ドキッ!☆ちゃんねる

今ドキッ!☆ちゃんねるは,芸能人の噂や世間で話題の事件など、今が旬のドキッ!とするニュースやネタをまとめています!

    2019年12月



    (出典 massu-treblo.com)


    残念ですね・・・

    1 牛丼 ★ :2019/11/30(土) 22:09:37.68 ID:0kf2svrj9.net

    西野未姫、真剣交際していた俳優と破局「浮気されて終わりました」 『俺の話は長い』劇中で公表
    西野未姫、日本テレビ系ドラマ『俺の話は長い』で俳優との破局を公表 (C)日本テレビ
     元AKB48の西野未姫(20)が1年間真剣交際していた俳優と破局していたことが、30日放送の日本テレビ系ドラマ『俺の話は長い』(毎週土曜 後10:00)劇中のラジオ番組で明かされた。

     西野によると、昨年8月からとある俳優と真剣交際をスタート。交際は順調でそれはそれは幸せな時間だったそうだが、ある晩、彼が寝ている間に携帯を見たところ、そこには知らない女性とのイチャイチャ写真が。真剣だったのは自分だけだったのか…遊ばれていたことが発覚し、今年8月に破局を迎えたとのこと。

     今回の破局について西野は「2年前に付き合った彼も俳優で、ラブラブ時期が2週間しかなく、それ以降は夜23時に呼ばれ早朝に返される生活を送った交際を経て、次こそ愛される恋愛をしようと思い束縛の強い彼を選んだのですが、束縛が強かっただけで結局浮気されて終わりました」と告白。「もう売れてないイケメン俳優には絶対だまされないと心に誓います」とこりごりの様子でコメントした。

     同ドラマは、生田斗真が4年振りに連ドラ主演を務める。31歳独身、職無し、実家暮らし、でも屁理屈を言わせりゃ右に出るもの無しの“ダメ男”岸辺満を演じ、義兄・安田顕(秋葉光司役)、姉・小池栄子(秋葉綾子役)、姪・清原果耶(秋葉春海役)、母・原田美枝子(岸辺房枝役)ら家族とお茶の間大乱闘を繰り広げる、ホームコメディー。

     これまでも芸能人の現実のニュースが劇中で解禁されており、第1弾は鈴木亜美の第2子妊娠が同じくドラマ内ラジオ番組にて発表。第2弾ではプロレスリングアナウンサーで女優、タレントの櫻田愛実が「一人暮らしの屋根裏に知らない男が住んでいた」という“ホラーニュース”が伝えられた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00000337-oric-ent


    【【悲報】西野未姫、真剣交際していた俳優に浮気され破局・・・・・・・】の続きを読む



    (出典 lyfe8.com)


    凄いですね!

    1 牛丼 ★ :2019/12/01(日) 06:45:11 ID:boAs4wtR9.net

    あるときはアメリカ、あるときは中国。そしてこの日、赤西仁(35)は東京にいた――。

     11月上旬、都内の雑居ビルを後にすると、ラフなTシャツ姿で娘の荷物をかかえて、コインパーキングに待たせていたワンボックスカーへと急ぐ。愛娘に笑顔を向けながら乗り込んだ後部座席には、妻の黒木メイサ(31)と長男(3)の姿もあった。その後、赤西一家を乗せた車は、高級会員制社交クラブへ。

     2014年2月末にジャニーズ事務所を退社し、まもなく6年。プライベートにもかかわらず、「車には運転手つき」という超セレブぶり。それも、世界を股にかけた稼ぎのおかげか。

     ジャニーズ時代から海外志向が強かった赤西は、2010年にアメリカでソロツアーを敢行。翌2011年には、全米デビューを果たした。2014年の独立と同時に活動拠点のひとつに加わったのが、中国である。

    「2014年9月、上海の音楽祭で中国デビューしました。2017年には現地ドラマにも出演してファンが増え、中国のSNS『ウェイボー』のフォロワー数も280万人を超える。

     赤西にとって大事なビジネスツールで、ウェイボーのアカウントを通じて、昨年は中国企業やイベント会社から赤西に合計3億円もの仕事のオファーがあった」(スポーツ紙芸能担当記者)

     莫大な中国マネーに加え、日本のファンが落とすカネも、もちろん無視できない。

    「日本で運営しているファンクラブの会員も数万人。年会費だけでも、1億円近くになる。子供たちのよりよい教育のために、ハワイにセカンドハウスを購入し、サマースクールにも通わせているほどなので、ジャニーズ時代よりはるかに稼いでいる」(同前)

     彼を追って、2019年9月にジャニーズを去ったのが錦戸亮(35)だ。かつて「赤西軍団」として、2人はともに、夜な夜な飲み歩いていた。

    「錦戸が逐一相談していたのが、盟友の赤西でした。『独立後を応援したい』と、赤西は自身の成功を支えたスタッフを錦戸と共有しています。2人は事実上 “合流” しています。近い将来、2人で同じステージに立つ姿も見られるかもしれません」

     そう語るのは、あるジャニーズライターだ。錦戸もまた、退社後すぐにウェイボーでアカウントを開設すると、2カ月足らずでフォロワー数が20万人を突破。

    「中国進出の進め方についても、第一人者の赤西さんからアドバイスをもらっている」(芸能プロ関係者)が、赤西の大成功の陰にも、じつはある人物が関わっているという。

    「SMAPの育ての親で、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人を連れてジャニーズから独立したI氏です。彼女は中国との強力なパイプを持っており、かねてより目をかけていた赤西さんに中国人脈を紹介したんです。

     現実に成功している彼らに、『退社組が集結する “第2のジャニーズ事務所” を作ってほしい』との声が、日中のファンから聞かれます」(同前)

     夢の13億人市場は「先即制人(先んずれば人を制す)」だった?


    (出典 data.smart-flash.jp)

    https://smart-flash.jp/showbiz/87257


    【【今日学区】赤西仁、年収は軽く3億円で大成功!錦戸亮と合流の可能性もwwwwwwww】の続きを読む



    (出典 illustrain.com)


    いろいろな意見がありますね・・・

    1 ばーど ★ :2019/12/01(日) 09:05:23.47

    政府は30日、全世代型社会保障改革の一環として、市販の医薬品と同じような効果があり代替が可能な薬(市販品類似薬)について、公的医療保険の対象から除外する方向で調整に入った。市販品は全額患者負担だが、病院で処方箋をもらって薬を購入する場合、自己負担は1~3割で、残りは税金や保険料から賄われる。政府は自己負担を引き上げることで医療費抑制につなげたい考えだ。

     政府は、全世代型社会保障検討会議が12月中旬にまとめる中間報告に盛り込むことを検討しており、来年以降、随時進めていきたい考えだ。

     保険除外の対象として想定しているのは風邪薬や花粉症治療薬、湿布薬、皮膚保湿剤、漢方薬などの軽症薬。これらの薬を市販品より安く入手するために、患者が病院で受診するケースは多く、かねて過剰な受診を招く要因になっていると指摘されていた。

     また、がん治療で使われるオプジーボやキムリアなど超高額薬の相次ぐ登場は、医療保険財政を圧迫する要因になっている。政府は「大きなリスクは共助、小さなリスクは自助」との考え方に基づき、「大きなリスク」を支えるための改革は避けられないと判断した。

     健康保険組合連合会(健保連)は、市販薬で代替可能な薬剤費は年2126億円に上ると試算している。どの薬を保険対象外にするかによって抑制額は変わってくる。

     このほか、フランスで導入されている薬剤の種類に応じた自己負担割合の設定や、スウェーデンで行われている年間の薬剤費の一定額まで全額自己負担にするような仕組みも検討の俎上に載っている。

     ただ、日本医師会は市販類似薬の保険対象からの除外について「軽微な症状での受診を控えることにより、重症化する恐れがある」「重篤な疾患だけを保険給付の対象とすれば社会保険の恩恵が薄れる」などと反発している。

    12/1(日) 6:25配信 産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000501-san-soci


    【【驚愕】病院処方の風邪薬、花粉症薬、湿布薬などが保険対象外にwwwwwwwww】の続きを読む



    (出典 4.bp.blogspot.com)


    『あほ』という言い方に問題があるのでは・・・

    1 幻の右 ★ :2019/12/01(日) 05:57:51.26

    浦添市主催で11月26日に開かれた「深夜の子連れ飲食の制限」に関する大円卓会議での登壇者の発言が波紋を広げている。塾経営の男性が「貧乏とあほは遺伝する」と発言。出席者からは「いい気持ちはしないが、夜型社会を考えるきっかけになった」との声の一方、「大変な状況の人を追い込むような発言だ」などと批判が上がっている。
     大円卓会議は市てだこホールで開かれ、約170人が参加。みらいファンド沖縄の平良斗星副代表理事が司会を務め、松本哲治市長や琉球大教育学研究科の上間陽子教授ら7人が登壇し、意見を述べた。

     問題の発言は会の前半で飛び出した。塾経営の男性は「すごく嫌な言い方をあえてさせてもらいますが」と前置きし「貧乏とあほは遺伝すると思いました」と発言。夜遅くまでスーパーにいる子どもたちを引き合いに「夜中に子どもを連れ回している親がいるのだから、学校でいくら勉強を教えてもどうにもならん」と続けた。

     会議後、SNSなどで「上から目線の差別意識だ」などの批判が相次いだ。男性は30日、本紙の取材に「なかなか発言機会がなかったので、あえて突き立てる言葉を使った。環境で貧困が連鎖すると言いたかったが、説明不足だった」と話した。

     その他の登壇者からは一様に表現を問題視しつつ、さまざまな声が上がった。浦添市PTA連合会の荻堂盛嗣会長は「きつい言い方だが強く言ってくれる人がいて、沖縄の人もやっと考えられる」。森の子児童センターの大城喜江子館長は「痛い思いをしている人に、グサッとやるような発言」と批判。市立浦添中学校の内田篤校長は「遺伝する」との言葉を問題視し、「肯定できない。自身が否定されたように感じる人が出なければいいが」と懸念した。
    ■大円卓会議での塾経営者の発言要旨

     30まで東京でビジネスマンをやってて、その後、秋田で3年弱、精神科のクリニックで不登校や引きこもりのサポートの仕事をしていた。その後、沖縄に来ている。
     沖縄に来た時、一番驚いたのは、すごく嫌な言い方をあえてさせてもらうが、「貧乏とあほは遺伝する」と思った。夜10、11時、12時に子どもがスーパーでキャーキャーしている。これは駄目だな、と正直。これ、どれだけ学校の先生が頑張ったところで、夜中に子どもを連れ回している親がいるのだから、学校でいくら勉強教えてもどうにもこうにもならんよと。居酒屋だけじゃない。
     いま沖縄と秋田は先生の交換を行っているのかな。秋田の先生が「教え方を伝えることはできるけど、生活習慣はあれ、変わらんな」と。「あの夜型、どうにもならんよ」と。1年しかいない秋田の先生は言えないんですよ、文化に関わることを。この間、秋田に帰って先生方と話した時、言っていた。
     スーパーに夜11時、12時までいて、次の日、朝ぱちっと起きて、学校行って勉強するとは到底思えない。私自身、いま算数の教室を経営していて、その前は大学受験の数学教室を経営していた。いずれも、どちらかと高所得者が多い教室。「小学生の頃、居酒屋に行ったことあるか」と親に聞いたら、行ったことない、と。行ったとしても9時、10時には帰っている。行ったことある人も一定数いるけど、11時、12時までいたかと言えば、大きな疑問。

    琉球新報社
    12/1(日) 5:34
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000001-ryu-oki


    【【沖縄県浦添大円卓会議】登壇者の「貧乏とあほは遺伝」発言に波紋ひろがる】の続きを読む

    このページのトップヘ