今ドキッ!☆ちゃんねる

今ドキッ!☆ちゃんねるは,芸能人の噂や世間で話題の事件など、今が旬のドキッ!とするニュースやネタをまとめています!



    (出典 2.bp.blogspot.com)


    残念ですね

    1 ばーど ★ :2020/09/22(火) 06:54:58.09

    山口市の川で、家族とキャンプに訪れていた3歳の男の子が溺れ、死亡した。

    21日午後5時前、山口市のキャンプ場近くの佐波川で、「子どもの姿が見当たらなくなった」と、キャンプ場の管理人から110番通報があった。

    警察やキャンプ場の利用者などが捜索にあたったところ、姿が見えなくなった場所からおよそ200メートル下流で、男の子が浮いているのが見つかった。

    男の子は、山口・周南市に住む3歳の田尻充希ちゃんで、病院で死亡が確認された。

    充希ちゃんは、家族とともにキャンプに訪れていて、川で遊んでいた際に行方がわからなくなったということで、警察が状況をくわしく調べている。


    【家族とキャンプ中に3歳男児が川で溺れ死亡】の続きを読む



    (出典 regeld.com)


    色々な意見がありますね

    1 ばーど ★ :2020/09/22(火) 07:27:07.13

    インフルエンザの患者数が例年に比べ、異例の低水準になっている。厚生労働省によると、今月13日までの2週間に報告例はわずか7人で、昨シーズンの1000分の1未満、例年の100分の1ほどだ。同省は、手洗いやマスク着用の徹底など、新型コロナウイルスの感染防止策が背景にあるとみている。
     
    厚労省は例年、9月に入ると、全国約5000の医療機関から報告があった患者数を集計して公表している。今季は9月第1週(8月31日~9月6日)が3人、第2週(7~13日)は4人だった。内訳は千葉県が2人で、岐阜、京都、大阪、兵庫、沖縄の5府県が各1人。
     
    一方、昨年の9月第1、2週は、沖縄で大流行が起きていたこともあり、それぞれ3813人、5738人で計9551人に上った。同期間の患者数は例年数百~2000人ほどで推移し、今季の少なさが際立つ。
     
    要因について、厚労省幹部は「衛生意識の高まりが大きい」と分析する。昨季(昨年9月~今年4月)の累計患者数は推計で前季比4割減の約729万人だったが、これは、今年1月に国内で新型コロナ患者が初めて確認され、感染防止策が広がったことによるとみられるという。
     
    また、新型コロナ対策の入国制限による訪日客らの大幅減少も考えられる。特に、インフルエンザが流行する冬季に当たる南半球からの入国者が少ないことが大きいという。
     
    ただ、インフルエンザは通常、11~12月に流行入りし、1~2月にピークを迎えるため、現時点での流行予測は困難だ。同幹部は「患者数が少ないが、油断は絶対に禁物。特に今季は新型コロナとの同時流行が懸念されており、例年以上に手洗いなどを徹底してほしい」と話している。

    2020年09月22日07時08分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092100353&g=soc

    (出典 www.jiji.com)


    【インフルエンザ、昨年の1000分の1 コロナ対策への奏功か】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 ばーど ★ :2020/09/19(土) 08:25:16.40

    18日の閣議で元女優の三原じゅん子参院議員が厚生労働副大臣に起用されることが決まりました。

    「私自身も10年前、議員になる時から、この不妊治療についての助成をお願いしたいと」(三原じゅん子 新厚労副大臣)

    三原氏は菅政権が掲げる不妊治療への保険適用の実現に向け、意欲を示しました。

    18日 17時58分
    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4081561.html


    【三原じゅん子厚労副大臣「不妊治療の保険適用頑張る」】の続きを読む

    このページのトップヘ